外貨で投資信託といえば

| コメント(0) | トラックバック(0)
外貨で投資信託といえば、外貨MMFでしょう。

外貨MMFの特徴としては、外貨預金などと比べても好利回りなだけでなく、
少額からの投資も可能な、比較的はじめやすい投資信託です。

また外貨預金だけでなく、定期預金と比べても利回りのメリットは大きいですね。

ただ元本保証はされていませんが、利回りは3~4%ですので、
同じ元本保証がされていない、債券を購入するよりも良い投資手段ではないでしょうか。
外貨MMFの場合、もう一つ投資をする上で大きなメリットが、
複利運用ができるという点ですね。

分配金としてあがった利益を再度投資にまわすことによって、
得られる利益を大きくすることができるのが複利引用です。

ただし気をつけなければならないリスクも当然あります。

発行体である会社や国が倒産、破綻をした場合、
元本の目減りがあることや、為替変動によるリスクといったものは避けれません。

この外貨MMFはいわばローリスクミドルリターンの投資方法とはいわれていますが、
リスクは必ずついて回るもの、ということは認識しておいてほしいと思います。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.d-igi.com/mt-tb.cgi/1

コメントする

2012年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

タグクラウド